取扱業務

許認可関係業務

許認可・登録等が必要な事業を運営するうえで、管轄官庁又は所轄公署への申請や届出は必須です。新規はもちろん、取得後の各種手続きを、皆様に代わってお引き受けいたします。会社設立等、事業開始をお考えの方もご相談ください。許認可フォーユー、ご連絡お待ちしております!

官公署への申請・届出(建設業許可・経審 その他も)

神奈川県庁

事務所としては建設業許可・経営事項審査に長年の経験と実績があります。のみならず、「今」に即した対応はいうまでもありません。当事務所の基本となる業務です。その他許認可もご相談ください。

ご依頼からの進行については許可取得までの流れをご覧ください。

  • 建設業許可
  • 経営事項審査(評点シミュレーション及びご相談は標準にてご提供)
  • 入札参加資格認定(電子申請・非電子申請対応)
  • かながわ電子入札、ヨコハマ電子入札等参加支援(ICカードセットアップ)
  • 行政システムへの登録代行等付帯的・周辺的手続(CCUSなど)
  • 建築士事務所登録
  • 宅地建物取引業免許
  • 解体工事業者登録
  • 電気工事業者登録
  • 産業廃棄物収集運搬業許可
  • 古物商営業許可
  • 上記以外の許可・登録(貨物運送事業・倉庫業など)

=番外編= 営業倉庫に+αで取得する許可・登録

主に物流加工を行うDC(ディストリビューションセンター)型の物流倉庫において、医薬品・医療機器・医薬部外品・化粧品を扱う業務を受託し、セット組みやラベル貼りの作業などを行う際には、薬機法(「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)に基づく製造業許可(包装・表示・保管区分)が必要になる場合があります。

また、倉庫業者が、荷主の商品出荷の際など、運送の取次業務を行うのではなく、運送業務として受託した上で、他の運送機関(自動車・航空・船舶・鉄道)を利用して運送する場合には、貨物利用運送事業の登録又は許可が必要になります。

これらの許可や登録は倉庫やその区画ごとに必要となり、取得形態もチョイと複雑です。法令を遵守した適正な運営を漏れなく行うために…ご相談ください。

  • 薬機法(旧薬事法)による製造業許可
  • 貨物利用運送事業 第一種登録・第二種許可(運送機関・形態により異なります)

法務・コンプライアンス業務

2020年4月施行の民法改正で、契約に関わる「債権」のルールが変わりました。許認可法務のプロであるウエダ事務所は、近年重要性が高まる「契約書」についてのご相談・内容チェック・作成についても承ります。あらゆる契約書に対応します。コンプライアンス面からぬかりなく会社を守ることは、健全経営を維持するひとつの鍵ではないでしょうか。是非!

契約書作成・相談 (業種問わず対応します)

取引基本契約書・工事請負契約書・業務委託契約書・寄託契約書・売買契約書・賃貸借契約書・秘密保持契約書(いわゆるNDA)など、提示されるままに押印してはいないでしょうか。また、雛形を引用しただけのものを使用してはいないでしょうか。提示されるものは当然ながら先方都合で作られています。雛型引用は現実に合わない場合があります。立場を明確にして見てみると、あら、突っ込みどころ満載ぃの場合が多いものです。隠れたリスクを見つけましょう。

また、契約締結に際しては、机上でいくら素敵で完璧でも、自己満足にすぎない一方的な内容ではなかなか締結できません。相手がいることですから。逆に、何でも妥協する必要もありません。本来、契約とは双方の合意なので、さまざまな修正が入りながら完成するものなのです。押さえるべき条項と、譲歩してよい条項を踏まえて、スムーズに、それでいて、不利にならないように進める戦略が必要です。

大企業での累計2万件を超える契約実務の実践経験がナゼか使える当事務所では、オーソドックスなものからひねったものまで、形式面と実際面との両面から(あと、細かいところでは印紙税についてなども)対応します。「お勉強会で教わりました」的な内容をひたすら押し付けるだけ…なんてことはありません。ただし、現実的にガンバったほうがいいなというところはしつこく「応援」するかもしれませんが(笑)。建設業に限らず業種不問で対応いたします。フリーランスの契約書などもどうぞ。

  • 契約書の作成
  • 契約書に関する相談
  • 契約書の内容確認(リーガルチェックを含む全般)

となりの社長サンも…ウエダ事務所

〒245-0002 横浜市泉区緑園3-25-9

TEL: 045-810-0021 / FAX: 045-810-0024

電話受付時間:平日9時~18時
045-810-0021