契約書など

契約書 作成・相談・レビュー(リーガルチェック) -業種は不問です- 定款や規程も

取引基本契約書・工事請負契約書・業務委託契約書・寄託契約書・売買契約書・賃貸借契約書・秘密保持契約書(いわゆるNDA)など、提示されるままに押印してはいないでしょうか。また、雛形を引用しただけのものを使用してはいないでしょうか。提示されるものは当然ながら先方都合で作られています。また、雛型引用だけでは現実に合わない場合があります。基本的に、契約とは当事者同士のものであり、全てのケースに完全に対応する雛形というものは存在しないのではないかと。なので、自分の立場からよく見ると、あらら?突っ込みどころがたくさんあった!という場合も多いのです。隠れたリスクを見つけましょう。

机上で素敵な契約書ができて「やったー完璧だ」と思っても、実際の締結場面でうまくいくとは限りません。契約には相手がいます。一方的な内容で自己満足してると相手に難色を示されたりします。本来、双方の合意に向けて、さまざまな修正が入りながら完成するものなのです。逆にいうと、何でも妥協することもありません。大事なのは、押さえるべき条項と、譲歩してよい条項を見極めることです。スムーズに、でも、万一の時にはできるだけ不利にならないような内容で締結したいですね。

形だけではない、状況に合った助言をするには、当事者として契約実務に携わった経験がものをいいます。そこは、大企業での累計2万件超の契約法務の経験がナゼか使える(その理由👉)当事務所。ほかでは真似ができないひとつです。

オーソドックスなもの、ヒネったもの、それらを形式面と実際面の両方から(あと、わかりづらいですよね印紙税…についてなど)実践的対応をいたします。だからといって、考えを押し付けたりはいたしません。依頼主様のお考えを尊重します。ただ、どう見てもここはガンバってほしいところは、しつこく「応援」するかもしれませんが(笑)。建設業に限らず業種不問で対応しています。個人事業主(フリーランス)の方もどうぞ。

  • 契約書の作成
  • 契約書に関する相談
  • 契約書の文面確認(リーガルチェックを含む全般)

定款や規程などもご相談ください。


契約書の作成・チェックも…ウエダ事務所

〒245-0002 横浜市泉区緑園3-25-9

TEL: 045-810-0021 / FAX: 045-810-0024

電話受付時間:平日9時~18時
045-810-0021